男性

未経験でもあらた監査法人に採用されるために|求めてる人材を知ろう

  1. ホーム
  2. 安全に仕事を行うために

安全に仕事を行うために

作業員

周囲を見渡す力

求人情報サイトにはさまざまな求人が記載されています。そのなかに現場監督を募集する求人も存在します。現場監督の仕事のなかで一番大切なのは「見る」ことです。しかし何もせずただ見ているわけではありません。求人情報からは想像もできないような仕事を任せられることもあります。現場監督の「見る」仕事は大きく4つに分けられます。1つ目は施工管理です。現場を確認してあらかじめ決められている図面通りに作業が進んでいるかをチェックしなければなりません。2つ目は工程管理です。現場の状況や図面を見ながら実施工程表を作ります。作業の進展具合によっては、適宜工程会議を行うこともあります。3つ目は予算管理で、その名の通り発注者や監理者とともに予算の管理を行います。そして最後は何より大切な安全管理です。建築現場はちょっとした不注意で事故が起こりやすいという特徴があります。その可能性を限りなくゼロにするために、現場の足場などの安全面をしっかりと確認しなければなりません。働いている人が安全に作業できるよう、周囲をしっかりと見渡す力が求められるという特徴があります。現場監督のメリットとしては、自分が管理した建築物が形になって残るということが挙げられます。長期間の作業を経て自分の思い通りのものができたという喜びは次へのやりがいにつながることでしょう。また、良いものを作ればお客さんに喜んでもらえます。モノづくりが大好き、人から喜んでもらいたいと考えている人にはぴったりの仕事かもしれません。